PMSと低用量ピルの有効性&食事による改善法まとめ

PMSに低用量ピルが有効であるということが広く知られるようになり、調査によると、避妊目的よりも生理痛の軽減、生理不順を改善したいという理由から低用量ピルの服用を始める女性が多いという結果が出ています。

また、生理周期の改善、PMSの改善を目的に飲み始める女性も多く、PMSで病院に行ったときに医師にすすめられるというケースも増えているのが事実です。

低用量ピルにはこの他にも、生理前のイライラ感、頭痛、肌荒れ、ニキビ、むくみ、排卵痛などを改善する効果を実感している女性も多く、PMSで低用量ピルの効果を実感している女性は約6割という結果が出ています。

中には吐き気や倦怠感などの副作用を経験している女性もいますし、高血圧や糖尿病などの持病があれば低用量ピルは服用できませんので、病院の問診票などにはきちんと書くようにしてください。

低用量ピルは決まった時間に服用することが大切です。また、低用量ピルでもPMSが改善されない場合や副作用がある場合は、別のピルで効果が見られることもありますので、試してみるとよいでしょう。

■ホルモンバランスを整える食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸を含む食材です。

■大豆イソフラボンには、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすることがわかっています。大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、大豆、納豆、豆腐、豆乳、油揚げ、きな粉、味噌などかあります。

■ビタミンB6を多く含む食べ物は、にんにく、まぐろ、酒粕、牛レバー、かつお、鶏ひき肉、いわし、鶏レバー、鮭、とうがらし、ピスタチオ、ごまなどです。

■ビタミンEを多く含む食べ物は、あんこうのきも、すじこ、キャビア、いくら、あゆ、いわし、たらこ、モロヘイヤ、大根の葉、煎茶の茶葉、とうがらし、アーモンド、サフラワー油などです。

■パントテン酸を多く含む食べ物は、鶏レバー、豚レバー、牛レバー、鶏ハツ、卵黄、納豆、たらこ、うなぎ、干ししいたけ、フォアグラ、抹茶、とうがらしなどです。

もちろん、ホルモンバランスを整える食べ物だけをとるのではなく、栄養バランスを考えて、多くの食材を食べるということが基本になくてはいけません。

知っているようで意外と知らない「生理」について

生理というのは不要になった子宮内膜を排出することです。

女性の体は約ひと月に一度、卵巣から卵子を排出する排卵を起こします。それに合わせ子宮内膜に厚みを出して、受精卵を受け入れる体制になります。

しかし、受精をしなかった場合には厚くなった子宮内膜が必要なくなってしまうので、それが体外へと排出されます。

子宮の内側というのは、子宮内膜で覆われており、月経周期応じて厚くなります。月経が始まると、内膜の機能層の組織が剥がれ落ちることで出血を起こします。

それが月経血として体外へと排出されるのです。そしてこの時の出血量が多い場合、酵素の働き不足で一部が凝固することがあり、月経困難症の原因にもなります。

生理の時に出る血液は、子宮内膜が剥がれ落ちて溶けたものです。剥がれた後にも基底層というものがあって、またひと月後になると新しい組織を作り出します、再び子宮内膜を厚くしていくのです。

この毎月のサイクルというのは、女性ホルモンによって生じます。これが子宮の内部で繰り返されているのです。

基礎体温をしっかりと測定して記録をしておくことで、排卵サイクルや女性ホルモンの分泌サイクルが正確に把握できるようになります。そのことで次にいつ月経が起こるのかを予測することができますので、心や身体の不調が起こりやすくなる時期がいつ頃になるのかを知ることができます。

事前に不調に対して対策をすることが出来るようになるのです。

また、生理が不規則になると早めに気がつくことが出来るようになります。月経時以外に不正出血があった場合などにも、基礎体温の記録をつけておくことで時期がはっきりとわかります。

基礎体温というのは、毎回決まった時間に測定を正しい結果を出すことができません。また、きちんとメモをしておくことも大切です。見直したときに、どんな不調がどんな時期に表れたのかを把握することができます。

基礎体温は三カ月程度記録し続けることで、自身の月経バランスと排卵の時期、それに合わせて起こしやすいPMSの症状もだんだん見えてきます。事前に月経のリズムを把握することで、PMS対策を練りやすくなるのです。

PMSの不快な症状を緩和するには?静と動のハリのある生活が肝心

雰囲気のある美女

PMSの症状は腹痛や冷え、イライラなどさまざまな症状があります。
個人差があり、中にはまったくそれらの症状を感じない女性もいます。
それでも症状がある女性の方が多く、特に精神的ストレスを感じている人がほとんどです。

排卵期になると女性ホルモンが大きくバランスを崩し、体調不良や自律神経のバランスが崩れやすくなりがちです。
体調と精神がリンクしている人ほどイライラしやすい傾向にありますが、疲れやすく体もだるくなり、そうしたことからストレスも受けやすい状態になります。

日ごろの悩みや性格もPMSの時期の精神状態は大きく関係します。
PMSだと自分で自覚がある人はまだ原因が分かっているので心の準備や対処法を考え処理できるのですが、
PMSだと分からずなんだかイライラする、ストレスがたまると感じている人はさらにストレスを受けやすくなります。

自分の精神状態と体調はリンクしているので、なんだか最近調子が悪いなと感じる人は、PMSを疑ってみましょう。
カレンダーに「この日は機嫌が悪かった」などのメモをすると体調管理がしやすいのでおすすめです。
ストレス解消法も人によりさまざまです。
アロマセラピーをしたり、エステに行ったり、バッティングセンターやジムに行って体を動かしたり、
映画に行って感動ものを見て泣いたり…

でも毎月あるPMS。
お金はなるべくかけずにストレス発散出来たらいいですよね。

そこでおすすめする、お金をかけないストレス発散法を紹介します!

やはり第一はジョギング、またはウォーキング。
といっても、疲れるほどの運動でなくてもいいんです。
散歩程度に歩くだけでも、脳がドーパミンを分泌し刺激され、ストレス発散を促してくれます。
外の景色を見ながら歩くだけでできるストレス発散法。
お金も一切かからず健康にもいいのでおすすめです。

運動はちょっと…という人は、GYAOなどの無料で見れるドラマや映画のサイトで好きな作品を鑑賞してみては。
日本だけでなく海外のドラマや映画もあり、作品数も豊富です。
アクション、ヒューマン、ホラーなどさまざまなジャンルで検索できるので空いた時間にいつでも観れるのでおすすめ!

ほかにも自分の好きな音楽を聴きながら紅茶を飲んだり、とにかく好きなことに没頭しましょう。
それだけで精神状態がリセットされ、ストレスも解消できます。

以上、おすすめストレス解消法でした。

不快さを鎮める目的ならサプリの摂取もおすすめ。特にチェストベリーを使ったサプリは女性ホルモンに作用するので、PMS特有の諸症状がおさまってくれる可能性が大。

毎月の憂鬱から解放されるには、こうしたサプリなどを取りつつ、なるべくストレスをためない生活をすることが肝心ですね。

PMSの5%がPMDD?効果のある対策法は・・・?

PMS(月経前症候群)は最近耳にするようになった言葉のひとつだと思います。PMSとは、生理が始まる2週間くらいの間に心や体にさまざまな変化をもたらす症状のことを言います。心の症状としてはイライラ・不安感が増すなどがあり、体の症状としては下腹部の痛み・ニキビや眠気・頭痛などがあります。

これらの症状は生理が始まってしまうと軽くなったり、なくなったりします。そしてこの症状の中でも、特に心のバランスの乱れが大きい状態をPMDD(月経前不快気分障害)と呼びます。日本ではまだPMSほど認識されていませんが、生理のある女性のおよそ5%がPMDDだと言われています。

心のバランスの乱れの具体例としては、涙が意味もなく流れる・気持ちのコントロールが難しい・酷い抑うつ状態などがあります。人によっては、周りの人間とトラブルになるなど深刻なケースもあります。アメリカの精神医学会では「鬱病のひとつ」として認められており、服薬等で治療が可能だと言われています。

PMSの治療法はいくつかあり、PMSの症状や程度によって異なります。まず、女性ホルモンの分泌を減らして症状を軽減するために低用量ピルを飲む。精神的な症状がつらい場合には、精神安定剤などの薬の処方。また、漢方薬で症状の改善を図るという治療法もあります。

さらにPMSの原因はホルモンバランスの乱れですから、ストレスなどにとても敏感に反応しますので、上手にストレスを発散させることも症状の軽減には大切です。さらに、かかる病院やクリニックによっては、食生活の見直しなどを指導される場合もあります。

なぜかというと、食生活の乱れはPMSの症状を重くすることが知られているためで、血糖値を急激に上げるような砂糖・炭水化物、摂りすぎると情緒不安定をもたらすカフェイン(コーヒーや紅茶・緑茶など)の摂取を控えるよう言われたりします。

そして隠れ貧血(潜在性鉄欠乏性貧血)を持つ人にPMSの症状が出やすいことがわかっているため、鉄分・ビタミン・ミネラルなどの処方を受けることもあります。PMSの市販薬なども出ているので、気になる人は薬局で薬剤師さんに相談するのもいいでしょう。

PMSになりやすいのはこんな人

PMSになりやすい人にはいくつかの特徴と共通点があるのです。そんな共通点についていくつか紹介していくので、自分に当てはまるものはないか確認してみることをオススメします。まず1つ目の原因としてストレスがあげられます。

ストレスというのはいろいろなことで発生し、最近はストレスを抱えている人も増えているので、しっかりとストレスを発散させることが重要です。ちなみにストレスは根が真面目であったり、完璧主義の几帳面な性格で合ったりすることでも貯まりやすくなっているので、そのようなことに心当たりがある人はPMSになりやすいのです。

普段の食事や間食などの食生活もPMSには関係していて、特に喫煙をしている方や、飲酒をしている方、さらにはエナジードリンクやコーヒーなどを頻繁に飲む人も注意が必要です。最後になりますが、体力の低下などによってもPMSになることがありますので、体調管理をしっかりとしておき、なるべく風邪などにかからないようにしておきます。

PMSの対策をするにあたって、自分で出来る方法がいくつかありますので、紹介してみます。まずは食事によって対策をするという方法なのですが、血糖値が下がってしまうとストレスがたまってしまうことがあり、それによってPMSになってしまうことがあります。

ですので、なるべく血糖値を上げるように、穀物や豆類などといったものを積極的に摂取するようにします。この時に注意が必要な点があり、チョコレートや果物などといったものは、急激に血糖値を上げてしまい、急激に上がった血糖値はその後一気に下がってしまう可能性があるので、注意が必要です。

先ほども書いた通り、ストレスをためてしまうのが一番いけないので、ストレスをためないためのリラックス効果のある飲み物も対策になります。しかし、ここでも注意するポイントがあり、カフェインが入ったものはPMSになりやすい体になってしまうため、避けておきます。カルシウムなどを摂取するためにも、昆布の入ったおみそ汁などがおすすめです。

PMSとは?どんな症状がある?

超かわいい女の子

PMS(月経前症候群)とは月経の2週間前から1週間前あたりから発生して月経開始時には収まる症状であり、最近では悩まされる女性も少なくはありません。このPMSの原因はまだ完全に明らかになってはいませんが、いくつか有力な説があります。まず1つ目としては排卵前から生理の間に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)や生理後に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌のバランスが崩れてしまうのという説があります。プロゲステロンは脳内物資や水分代謝に影響し、エストロゲンは喜びを感じる脳内物資のセロトニンに影響するといわれており、このバランスが崩れることにより体調不良が起こると考えられています。また無理なダイエットなどによる栄養バランスの偏りは勿論影響を及ぼしているとかんがえるのが妥当だと思われています。こういった生活習慣の乱れとして食事環境や運動不足などやストレスなども大きく括ればPMSの原因であると言われており、女性の全体的な生活と密接に関わってくるものなのです。

PMSの症状には様々なものがありますので、代表的なのを順に説明していきましょう。大きく分けると身体的症状と精神的症状に分かれますが、身体的症状としては女性の大事な部分として下腹部痛や乳房痛や張りなどが挙げられます。また内蔵器官にも症状が出るばかりか、各種関節痛や腰痛や頭痛などの炎症反応も出ることがあります。女性独自の悩みであるニキビやむくみや便秘、あるいは動機や過度に睡眠を取ってしまったり逆に不眠になったりすることもあります。このような身体的不調が高まればそれに応じて精神的な不調も出てきます。原因に関しては前述したセロトニン不足によるのが考えられていますが、症状としては感情の不安定化として怒りやすくなったり悲しくなったりします。また仕事上での判断力の低下や無気力などの症状も辛いものがあります。仕事などでも疲れやすくなり、しかし不眠などになることもあり、総体的に症状が連鎖することもあるのでしっかりとした管理が必要となるでしょう。