PMSの5%がPMDD?効果のある対策法は・・・?

PMS(月経前症候群)は最近耳にするようになった言葉のひとつだと思います。PMSとは、生理が始まる2週間くらいの間に心や体にさまざまな変化をもたらす症状のことを言います。心の症状としてはイライラ・不安感が増すなどがあり、体の症状としては下腹部の痛み・ニキビや眠気・頭痛などがあります。

これらの症状は生理が始まってしまうと軽くなったり、なくなったりします。そしてこの症状の中でも、特に心のバランスの乱れが大きい状態をPMDD(月経前不快気分障害)と呼びます。日本ではまだPMSほど認識されていませんが、生理のある女性のおよそ5%がPMDDだと言われています。

心のバランスの乱れの具体例としては、涙が意味もなく流れる・気持ちのコントロールが難しい・酷い抑うつ状態などがあります。人によっては、周りの人間とトラブルになるなど深刻なケースもあります。アメリカの精神医学会では「鬱病のひとつ」として認められており、服薬等で治療が可能だと言われています。

PMSの治療法はいくつかあり、PMSの症状や程度によって異なります。まず、女性ホルモンの分泌を減らして症状を軽減するために低用量ピルを飲む。精神的な症状がつらい場合には、精神安定剤などの薬の処方。また、漢方薬で症状の改善を図るという治療法もあります。

さらにPMSの原因はホルモンバランスの乱れですから、ストレスなどにとても敏感に反応しますので、上手にストレスを発散させることも症状の軽減には大切です。さらに、かかる病院やクリニックによっては、食生活の見直しなどを指導される場合もあります。

なぜかというと、食生活の乱れはPMSの症状を重くすることが知られているためで、血糖値を急激に上げるような砂糖・炭水化物、摂りすぎると情緒不安定をもたらすカフェイン(コーヒーや紅茶・緑茶など)の摂取を控えるよう言われたりします。

そして隠れ貧血(潜在性鉄欠乏性貧血)を持つ人にPMSの症状が出やすいことがわかっているため、鉄分・ビタミン・ミネラルなどの処方を受けることもあります。PMSの市販薬なども出ているので、気になる人は薬局で薬剤師さんに相談するのもいいでしょう。

PMSになりやすいのはこんな人

PMSになりやすい人にはいくつかの特徴と共通点があるのです。そんな共通点についていくつか紹介していくので、自分に当てはまるものはないか確認してみることをオススメします。まず1つ目の原因としてストレスがあげられます。

ストレスというのはいろいろなことで発生し、最近はストレスを抱えている人も増えているので、しっかりとストレスを発散させることが重要です。ちなみにストレスは根が真面目であったり、完璧主義の几帳面な性格で合ったりすることでも貯まりやすくなっているので、そのようなことに心当たりがある人はPMSになりやすいのです。

普段の食事や間食などの食生活もPMSには関係していて、特に喫煙をしている方や、飲酒をしている方、さらにはエナジードリンクやコーヒーなどを頻繁に飲む人も注意が必要です。最後になりますが、体力の低下などによってもPMSになることがありますので、体調管理をしっかりとしておき、なるべく風邪などにかからないようにしておきます。

PMSの対策をするにあたって、自分で出来る方法がいくつかありますので、紹介してみます。まずは食事によって対策をするという方法なのですが、血糖値が下がってしまうとストレスがたまってしまうことがあり、それによってPMSになってしまうことがあります。

ですので、なるべく血糖値を上げるように、穀物や豆類などといったものを積極的に摂取するようにします。この時に注意が必要な点があり、チョコレートや果物などといったものは、急激に血糖値を上げてしまい、急激に上がった血糖値はその後一気に下がってしまう可能性があるので、注意が必要です。

先ほども書いた通り、ストレスをためてしまうのが一番いけないので、ストレスをためないためのリラックス効果のある飲み物も対策になります。しかし、ここでも注意するポイントがあり、カフェインが入ったものはPMSになりやすい体になってしまうため、避けておきます。カルシウムなどを摂取するためにも、昆布の入ったおみそ汁などがおすすめです。

PMSとは?どんな症状がある?

超かわいい女の子

PMS(月経前症候群)とは月経の2週間前から1週間前あたりから発生して月経開始時には収まる症状であり、最近では悩まされる女性も少なくはありません。このPMSの原因はまだ完全に明らかになってはいませんが、いくつか有力な説があります。まず1つ目としては排卵前から生理の間に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)や生理後に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌のバランスが崩れてしまうのという説があります。プロゲステロンは脳内物資や水分代謝に影響し、エストロゲンは喜びを感じる脳内物資のセロトニンに影響するといわれており、このバランスが崩れることにより体調不良が起こると考えられています。また無理なダイエットなどによる栄養バランスの偏りは勿論影響を及ぼしているとかんがえるのが妥当だと思われています。こういった生活習慣の乱れとして食事環境や運動不足などやストレスなども大きく括ればPMSの原因であると言われており、女性の全体的な生活と密接に関わってくるものなのです。

PMSの症状には様々なものがありますので、代表的なのを順に説明していきましょう。大きく分けると身体的症状と精神的症状に分かれますが、身体的症状としては女性の大事な部分として下腹部痛や乳房痛や張りなどが挙げられます。また内蔵器官にも症状が出るばかりか、各種関節痛や腰痛や頭痛などの炎症反応も出ることがあります。女性独自の悩みであるニキビやむくみや便秘、あるいは動機や過度に睡眠を取ってしまったり逆に不眠になったりすることもあります。このような身体的不調が高まればそれに応じて精神的な不調も出てきます。原因に関しては前述したセロトニン不足によるのが考えられていますが、症状としては感情の不安定化として怒りやすくなったり悲しくなったりします。また仕事上での判断力の低下や無気力などの症状も辛いものがあります。仕事などでも疲れやすくなり、しかし不眠などになることもあり、総体的に症状が連鎖することもあるのでしっかりとした管理が必要となるでしょう。