PMSの5%がPMDD?効果のある対策法は・・・?

PMS(月経前症候群)は最近耳にするようになった言葉のひとつだと思います。PMSとは、生理が始まる2週間くらいの間に心や体にさまざまな変化をもたらす症状のことを言います。心の症状としてはイライラ・不安感が増すなどがあり、体の症状としては下腹部の痛み・ニキビや眠気・頭痛などがあります。

これらの症状は生理が始まってしまうと軽くなったり、なくなったりします。そしてこの症状の中でも、特に心のバランスの乱れが大きい状態をPMDD(月経前不快気分障害)と呼びます。日本ではまだPMSほど認識されていませんが、生理のある女性のおよそ5%がPMDDだと言われています。

心のバランスの乱れの具体例としては、涙が意味もなく流れる・気持ちのコントロールが難しい・酷い抑うつ状態などがあります。人によっては、周りの人間とトラブルになるなど深刻なケースもあります。アメリカの精神医学会では「鬱病のひとつ」として認められており、服薬等で治療が可能だと言われています。

PMSの治療法はいくつかあり、PMSの症状や程度によって異なります。まず、女性ホルモンの分泌を減らして症状を軽減するために低用量ピルを飲む。精神的な症状がつらい場合には、精神安定剤などの薬の処方。また、漢方薬で症状の改善を図るという治療法もあります。

さらにPMSの原因はホルモンバランスの乱れですから、ストレスなどにとても敏感に反応しますので、上手にストレスを発散させることも症状の軽減には大切です。さらに、かかる病院やクリニックによっては、食生活の見直しなどを指導される場合もあります。

なぜかというと、食生活の乱れはPMSの症状を重くすることが知られているためで、血糖値を急激に上げるような砂糖・炭水化物、摂りすぎると情緒不安定をもたらすカフェイン(コーヒーや紅茶・緑茶など)の摂取を控えるよう言われたりします。

そして隠れ貧血(潜在性鉄欠乏性貧血)を持つ人にPMSの症状が出やすいことがわかっているため、鉄分・ビタミン・ミネラルなどの処方を受けることもあります。PMSの市販薬なども出ているので、気になる人は薬局で薬剤師さんに相談するのもいいでしょう。

josephscoatresale

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です