PMSの不快な症状を緩和するには?静と動のハリのある生活が肝心

雰囲気のある美女

PMSの症状は腹痛や冷え、イライラなどさまざまな症状があります。
個人差があり、中にはまったくそれらの症状を感じない女性もいます。
それでも症状がある女性の方が多く、特に精神的ストレスを感じている人がほとんどです。

排卵期になると女性ホルモンが大きくバランスを崩し、体調不良や自律神経のバランスが崩れやすくなりがちです。
体調と精神がリンクしている人ほどイライラしやすい傾向にありますが、疲れやすく体もだるくなり、そうしたことからストレスも受けやすい状態になります。

日ごろの悩みや性格もPMSの時期の精神状態は大きく関係します。
PMSだと自分で自覚がある人はまだ原因が分かっているので心の準備や対処法を考え処理できるのですが、
PMSだと分からずなんだかイライラする、ストレスがたまると感じている人はさらにストレスを受けやすくなります。

自分の精神状態と体調はリンクしているので、なんだか最近調子が悪いなと感じる人は、PMSを疑ってみましょう。
カレンダーに「この日は機嫌が悪かった」などのメモをすると体調管理がしやすいのでおすすめです。
ストレス解消法も人によりさまざまです。
アロマセラピーをしたり、エステに行ったり、バッティングセンターやジムに行って体を動かしたり、
映画に行って感動ものを見て泣いたり…

でも毎月あるPMS。
お金はなるべくかけずにストレス発散出来たらいいですよね。

そこでおすすめする、お金をかけないストレス発散法を紹介します!

やはり第一はジョギング、またはウォーキング。
といっても、疲れるほどの運動でなくてもいいんです。
散歩程度に歩くだけでも、脳がドーパミンを分泌し刺激され、ストレス発散を促してくれます。
外の景色を見ながら歩くだけでできるストレス発散法。
お金も一切かからず健康にもいいのでおすすめです。

運動はちょっと…という人は、GYAOなどの無料で見れるドラマや映画のサイトで好きな作品を鑑賞してみては。
日本だけでなく海外のドラマや映画もあり、作品数も豊富です。
アクション、ヒューマン、ホラーなどさまざまなジャンルで検索できるので空いた時間にいつでも観れるのでおすすめ!

ほかにも自分の好きな音楽を聴きながら紅茶を飲んだり、とにかく好きなことに没頭しましょう。
それだけで精神状態がリセットされ、ストレスも解消できます。

以上、おすすめストレス解消法でした。

不快さを鎮める目的ならサプリの摂取もおすすめ。特にチェストベリーを使ったサプリは女性ホルモンに作用するので、PMS特有の諸症状がおさまってくれる可能性が大。

毎月の憂鬱から解放されるには、こうしたサプリなどを取りつつ、なるべくストレスをためない生活をすることが肝心ですね。

josephscoatresale

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です