PMSと低用量ピルの有効性&食事による改善法まとめ

PMSに低用量ピルが有効であるということが広く知られるようになり、調査によると、避妊目的よりも生理痛の軽減、生理不順を改善したいという理由から低用量ピルの服用を始める女性が多いという結果が出ています。

また、生理周期の改善、PMSの改善を目的に飲み始める女性も多く、PMSで病院に行ったときに医師にすすめられるというケースも増えているのが事実です。

低用量ピルにはこの他にも、生理前のイライラ感、頭痛、肌荒れ、ニキビ、むくみ、排卵痛などを改善する効果を実感している女性も多く、PMSで低用量ピルの効果を実感している女性は約6割という結果が出ています。

中には吐き気や倦怠感などの副作用を経験している女性もいますし、高血圧や糖尿病などの持病があれば低用量ピルは服用できませんので、病院の問診票などにはきちんと書くようにしてください。

低用量ピルは決まった時間に服用することが大切です。また、低用量ピルでもPMSが改善されない場合や副作用がある場合は、別のピルで効果が見られることもありますので、試してみるとよいでしょう。

■ホルモンバランスを整える食べ物は、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、パントテン酸を含む食材です。

■大豆イソフラボンには、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをすることがわかっています。大豆イソフラボンを多く含む食べ物は、大豆、納豆、豆腐、豆乳、油揚げ、きな粉、味噌などかあります。

■ビタミンB6を多く含む食べ物は、にんにく、まぐろ、酒粕、牛レバー、かつお、鶏ひき肉、いわし、鶏レバー、鮭、とうがらし、ピスタチオ、ごまなどです。

■ビタミンEを多く含む食べ物は、あんこうのきも、すじこ、キャビア、いくら、あゆ、いわし、たらこ、モロヘイヤ、大根の葉、煎茶の茶葉、とうがらし、アーモンド、サフラワー油などです。

■パントテン酸を多く含む食べ物は、鶏レバー、豚レバー、牛レバー、鶏ハツ、卵黄、納豆、たらこ、うなぎ、干ししいたけ、フォアグラ、抹茶、とうがらしなどです。

もちろん、ホルモンバランスを整える食べ物だけをとるのではなく、栄養バランスを考えて、多くの食材を食べるということが基本になくてはいけません。