PMSとは?どんな症状がある?

超かわいい女の子

PMS(月経前症候群)とは月経の2週間前から1週間前あたりから発生して月経開始時には収まる症状であり、最近では悩まされる女性も少なくはありません。このPMSの原因はまだ完全に明らかになってはいませんが、いくつか有力な説があります。まず1つ目としては排卵前から生理の間に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)や生理後に分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌のバランスが崩れてしまうのという説があります。プロゲステロンは脳内物資や水分代謝に影響し、エストロゲンは喜びを感じる脳内物資のセロトニンに影響するといわれており、このバランスが崩れることにより体調不良が起こると考えられています。また無理なダイエットなどによる栄養バランスの偏りは勿論影響を及ぼしているとかんがえるのが妥当だと思われています。こういった生活習慣の乱れとして食事環境や運動不足などやストレスなども大きく括ればPMSの原因であると言われており、女性の全体的な生活と密接に関わってくるものなのです。

PMSの症状には様々なものがありますので、代表的なのを順に説明していきましょう。大きく分けると身体的症状と精神的症状に分かれますが、身体的症状としては女性の大事な部分として下腹部痛や乳房痛や張りなどが挙げられます。また内蔵器官にも症状が出るばかりか、各種関節痛や腰痛や頭痛などの炎症反応も出ることがあります。女性独自の悩みであるニキビやむくみや便秘、あるいは動機や過度に睡眠を取ってしまったり逆に不眠になったりすることもあります。このような身体的不調が高まればそれに応じて精神的な不調も出てきます。原因に関しては前述したセロトニン不足によるのが考えられていますが、症状としては感情の不安定化として怒りやすくなったり悲しくなったりします。また仕事上での判断力の低下や無気力などの症状も辛いものがあります。仕事などでも疲れやすくなり、しかし不眠などになることもあり、総体的に症状が連鎖することもあるのでしっかりとした管理が必要となるでしょう。